布をかぶせて記者の前に運んでお披露目。まあ吞気だよな。あれで現代に対する警鐘のつもりだっていうんだから。オカルト雑誌の予言特集以下ではないのか。

例えば少なくともインターネッツあたりからニュースを拾ってその内容を評価して評価値を演算、公開されているwebサイト上で動的に変化する時計、ぐらいじゃないと。スノーデンとかにやらせよう。さすれば各種通信の傍受、剽窃。果たして「8年と2ヶ月」みたいなリアルな数字になりましょう。

タイトルのまんまです。

55までは、標準フォントとSans SerifにMS P ゴシックだったのですが、メイリオに変わったようです。特に困ることもないので気にはしません。他のOSは知らん。それより、Flashの件がどうも対応がぼやけていて良く分からない。徐々に使えなくなる範囲が広がる、では、いつから「Chromeではflash動きません」と回答していいのかわからん。結果、バージョンアップの度にチェックするとかいう破滅の道を辿りゆくことになる。実際、今日のアップデートでflashが動かなくって困った人って存在すんのか??

 

 

 

 

普段使いのfirefoxで視聴すると、どーも帯域がどうので切断されたり、再生が止まってしまったりする。ネットワーク周り、特にパフォーマンスをどうにかしようなんて理由ではOSの設定いじるのはかなりの地雷。どこかにローカルに保存するプラグインでもないかと思っていたら、ふとedgeを使ってはどうかと思い当たった。結果、問題は解決した。快適に観れている。技術的な背景は知らん!

映画数本ほど楽しんだところで、TopGearの続編、GrandTourがamaoznプライム限定コンテンツとして配信されていると知り、楽しんでいる。fuckyeahinternet!!インターネット素晴らしい!!内容もちゃんとした続編。まんまTopGearで安心する。この番組はその内容もさることながら、音声が聞き取りやすい。英語の勉強に良い。字幕と実際言ってることの際に気付いたりすると、こういうふうに翻訳するもんだなあと感心することもある。直近のエピソードでは、例の人物の事を指して、字幕は「トランプ」となっていたが実際は「ドナルド」と言っていた。こういう面も含めてこのコンテンツ大好きだ。また長く続いてほしいもんだ。

 

今更な話題なのかもしれないですけどー。画像整理するかと思ってPCに繋いだら、今までの意味不明な並びではなく、連番のフォルダ名になったようだ。自分の環境では100APPLEから連番になっている。収められているデータも古いものが100に、新しいものが連番あとのほうに入っている。そら誰だってこのほうが使いやすいわけなんだけど、なんで今までできなかったのか…?なんで今できるようになったのか…?全く意味がわからない。

フォルダの作成日が1970年の1月1日9:00になっている。これは噂のunixtimeではないか!…ちゃんと+9:00されている。実際にこの日付になっているのは初めて目にしたもんでやや興奮。オホー。

 

1233445

 

 

カテゴリをニュースにするとブログとして投稿される。トップページブログが表示されるようにすればなんとなくブログメインのサイトに。

 

 

続きがない